モノ

mornin'(自動カーテン開閉デバイス)で遮光カーテンの弱点を解消, 朝の目覚めがスッキリ

更新日:




「正月ボケか冬だからか、何だか目覚めがスッキリしないなー」という方、多いのでは無いでしょうか。

先日神経科学の講義を受けている際に、体内リズムの形成には光刺激が一番重要な要素という話を聞きました。

ふと自身の寝室を思い返すと、遮光カーテンで仕切られ、夜は漆黒に包まれるが、朝も薄暗い。

目覚めが悪いのは朝の光が無いからでは!?

ということで、この問題を解決するために幾つか調べてみました。

睡眠の仕組み

夜になったら眠くなる、朝になったら目が覚める。

ヒトを含むあらゆる動物はサーカディアンリズム[circadian rhythm](ラテン語でcircaはaround,dianはdayを意味する)、またの名を概日リズムによって活動と休息のリズムを形成しています。

しかし、このリズム周期は25時間とされており、古代エジプト人が考案した1日24時間という周期とは対応していません。この1時間のズレを修正するためには日光が重要な役割を果たしています。

画像引用:文部科学省HP  光の治療的応用―光による生体リズム調節

メラトニンを産生する酵素は日中の光刺激により不活化され、夜暗くなると活性化されてメラトニンを産生します。この光刺激は数千ルクスの光でなければなりません。例としてロウソクの光が10ルクス、駅ビルの中が600ルクス、コンビニ店内が1200ルクス、晴天時の太陽光が10万ルクスとなります。

そしてこの光刺激を受けるタイミングが重要で、明け方に受けると体内時計が1時間前進してリズムが同調しますが、夕方から夜にかけて受けると体内時計が後退してリズムが更に狂います。近年の夜のスマホ使用で睡眠の乱れが、、という話ですね。

こうしてリセットされたタイミングから10~12時間程度は代謝が上がり、体温や血圧が高くなります。そして光刺激が弱まる13時間後頃からメラトニンの産生が始まり体温が低下、自然と眠気が襲ってくるわけです。

つまり、朝に太陽光を浴びることは睡眠リズムの形成においてとても大事ということです!

 

朝に太陽光を浴びるために

・遮光カーテンをやめる
遮光カーテンをしなければ自然と光が差し込んでくるので何の問題もないのですが、私の家の周りは街灯があって夜は結構明るいんです。なので、逆に入眠に影響がありそうなのでこれはなし。ちょっと開けて寝るってのも、寝付きが悪かったです。

・光目覚ましを買う
その名のごとく、時間に合わせてライトが点灯する目覚まし時計です。amazonを覗くと安いものは3000円程度から、高いものは2万円程度します。その差はライトの照度。安いものだと2000ルクスにも達しないものがあります。数千ルクスを超える照度を出せるものはやはり1万5千円〜なので、予算的になし。

・朝に遮光カーテンを自動で開ける
やはり太陽光には勝てないと思い、当初は自分で仕掛けをDIYで作ろうと考えていました。しかし、その案を練っている間に画期的な商品と出会います。

 

めざましカーテンmornin' をみつけた

めざましカーテンmornin'、それはスマホ連動型自動カーテン開閉装置。

Bluetoothでスマートフォンと連動し、アプリでタイマーを設定すると自動でカーテンを開閉してくれます。

価格は1台3980円。

ちなみに、1台につき動かせるのは1方向のみ。よって2枚の布からなる両開きのカーテンには本当は2台必要ですが、お試しということで1台のみ購入しました。

 

mornin' を設置してみた

Amazon primeには対応していなかったので、注文後数日で届きました。

説明書の通り取り付けを行います。

両開きカーテンの場合、まずカーテンレール上の真ん中のフックを外します。そしてmornin'をレールに差し込み、フックを元に戻します。およそ3分もあれば取り付けができるので、簡単です。

画像引用:mornin'HPより

あとはアプリをインストールし、Bluetoothのペアリングを行い設置は完了。

どの程度カーテンを開けるかは設定画面で何秒間、どれくらいのスピードでmornin'のモーターを動かすかを決めます。何回か試行錯誤するこのあたりは少しアナログな作業。

設定画面(もちろん日本語表示されますが、iOSが英語設定のため下記の表示に)

こんな感じに開閉時刻と曜日が設定できます。

 

実際に使ってみた

mornin’を作動させるとこんな感じでカーテンが開きます。

・メリット

  1. やはり朝はスッキリ
    起床30分前にセットしておくと、遮光カーテンの暗い中にいるよりかは目覚めの良さを実感しました。
    メリットはこれに尽きます。

・デメリット

  1. モーター音が気になる
    動画で音を大きくすると聞こえるかと思いますが、キュルキュルキュルというモータ音がもろに聞こえます。モーターの強度は7段階で調節できますが、私はレベル1かつ10秒間の作動で使用しています。それで十分太陽光を取り込めているので、ある程度慣れてくると気になりません。
  2. 設置後手動開閉はできなくなる
    これは買ってから気付きました。しかし寝室に日中いることはありませんし、下画像のようにタッセルで巻いてしまえばさほど気になりません。奥さんもはじめは「えー」とか言っていましたが、今は慣れたようです。

まとめ

やはり太陽光の力は偉大で、mornin'に叩き起こされてからリビングで更に日光を浴びています。すると目覚めも以前よりスッキリしています。

確かにmornin'はデメリットもありますが、値段も安いですし慣れてくるとさほど問題も感じません。

正月ボケをリセットするためにも、是非皆さん試してみて下さい!

 

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル

-モノ

Copyright© MED MIXER , 2018 All Rights Reserved.